【Azure】仮想マシンに任意のPrivate IPアドレスを割り当てる

仮想マシンに任意のプライベートIPを割り当てる手順がAWSとAzureで異なっていたので設定方法のメモ。
Azure: AzurePortalから仮想マシンを起動する場合、自動でプライベートIPが付与される。 (コマンドなら起動時に指定可能)
AWS: AWS コンソール及びコマンドでEC2起動時に任意のプライベートIPが指定できる。

目次

方法1 Azure Portal で任意のプライベートIPを指定する

1. 仮想マシン起動後にNICの設定を開く

Home > 仮想マシン名 -ip構成 > ipconfig

デフォルトではPrivate IPアドレスの割り当てが「動的」となっているのでこれを変更する。

f:id:ykoomaru:20190807225639p:plain

2. 任意のPrivate IPを指定する

f:id:ykoomaru:20190807225643p:plain ①割り当て : 静的
②IP アドレス : サブネットCIDR内の任意のIPアドレス
③「保存」をクリック

仮想マシンが起動している場合は、再起動して、設定完了。

方法2 Azure Cloud Shellで任意のプライベートIPを指定する

CentOSを任意のプライベートIPアドレスで起動するコマンドサンプル
--private-ip-address オプションを利用する。

az vm create \
    --resource-group rg-name \
    --name centos7 \
    --image 'CentOS' \
    --admin-username azureuser \
    --admin-password 'password' \
    --vnet-name az-vnet \
    --subnet subnet-public-01\
    --private-ip-address 10.0.0.101\
    --public-ip-address-allocation dynamic\
    --storage-sku StandardSSD_LRS

静的プライベート IP アドレスを持つ VM を作成する - Azure PowerShell | Microsoft Docs

参考

Azure Cloud Shell 超便利で感動した...! 自身で実行環境用意しなくていいのはすごくうれしい。